弊社の防犯カメラは
ソニー・パナソニック製の
イメージセンサーを
搭載しております 防犯カメラセット

人気カメラセット

メーカーから探す

HD-SDI

性能からカメラを探す

形状からカメラを探す

設置場所からカメラを探す

周辺機器

アクセサリー

法人リース・クレジット契約のご案内

初期設備投資金が不要全額経費として処理が出来る動産保険付リース専用お申込メール

初期設備投資金を必要としない。
頭金などが必要なく、導入時にまとまった資金が必要ありません。
また月々のお支払いも一定ですので計画的な経営が出来ます。
経費として処理できる。
リースは経費で処理できます。
資産計上や固定資産税などの煩雑な手続きはリース会社が行うため、経理の合理化が図れます。
陳腐化のリスク削減
技術の進歩により導入した機器が陳腐化した場合も、減価償却年数によって計画的に切り替えが行えます。
保険の付帯 リース会社が商品に動産総合保険を掛けますので、火災・落雷・風災・水害などの被害にあっても
損害が保証されます。

クレジット契約について

当社では、分割払いご希望のお客様に設備ローンでのご契約をご用意させていただいております。
ご利用の際は、弊社担当にお申し付けください。

※リース及びクレジット契約時には審査がございますので、予めご了承ください。

リース契約の仕組み

ご契約例商品代金50万円(税抜)でのお申し込み

お支払い回数
60回(5年リース)
利用料率
2.00% ※
お支払い総額
600,000円(税抜き)
月額支払い金額
10,000円(税抜き)

※利用料率については、各リース会社の審査内容によって変動します。よって、受付時に仮定で申し上げた支払い総額が変動する場合がございますので、予めご了承ください。

法人様リース契約の流れ

まずメールにてお問合わせ下さい。

法人リースをご希望の場合は、メールにてお申込下さい。
ご希望商品内容をご記入いただき、メールをお送り下さい。
後ほど弊社担当よりご連絡を差し上げます。
その際にご希望のリース会社等もあればご指定下さい。
ご指定が無い場合は、弊社よりご紹介致します。

リース専用お申込メール リース契約の仕組み

リース申請用紙のやりとりについて

弊社の担当と打合せの後、リース申請用紙をご送付いたします。
リース申請用紙の必要事項は全て記入とご捺印をお願いします。
ご記入が完了しましたら再度内容を確認の上、弊社にリース申請用紙を返送して下さい。
書き方についてご不明な点などありましたら、些細な事でもお気軽にご連絡下さい。

書類送付先
株式会社ベールネット 防犯カメラリース担当宛
≪大阪本社≫ TEL:0120-99-7713    FAX:06-6362-3434
〒530-0051 大阪市北区太融寺 5-15 梅田イーストビル 3FF

契約内容の審査開始

リース会社が申請用紙の内容を元に、ご契約の審査を開始します。

契約用紙のやりとりについて

リース会社の審査完了後、弊社より契約用紙をご送付いたします。
契約用紙の必要事項について全て記入・ご捺印をお願いします。
ご記入が完了しましたら再度内容を確認の上、弊社に契約用紙を返送して下さい。
書き方についてご不明な点などありましたら、些細な事でもお気軽にご連絡下さい。

書類送付先
株式会社ベールネット 防犯カメラリース担当宛
≪大阪本社≫ TEL:0120-99-7713    FAX:06-6362-3434
〒530-0051 大阪市北区太融寺 5-15 梅田イーストビル 3F

リース契約の成立

リース契約が成立しましたらご連絡いたします。
これでリース契約手続きは完了です。

注文商品の納品

ご注文頂いた商品を納品いたします。
配達日時の希望などありましたら、お気軽にご連絡下さい。

設置工事をご希望される場合はコチラ

リース契約についてよくある質問、及びリース契約のメリット・デメリットについて

リース契約のメリット

  • リース物件が高額でも、毎月わずかな料金のお支払いで済みます。まとまった資金は必要ございません。
  • 毎月のリース料は経費処理できるので、購入した場合のように資産計上して原価償却といった会計処理は必要ございません。
  • 常に最新の機種を使用することを前提にしてリース期間を設定できます。

リース契約のデメリット

  • リース契約は法人様および個人事業主様が対象となります。
  • リース物件の所有権はリース会社になります。
  • リース期間が終了しても所有権はお客様には移りません。※

※リース期間が終了した場合、そのまま継続して物件を使用(再リース)するか物件を購入するか返却するかを自由に選択することが出来ます。

よくある質問

リースとレンタルの違いを教えてください。
リースとレンタルはよく混同されがちですが、そのシステムは明確に異なります。
レンタルは比較的長期間に渡って契約を結ぶことが可能であり、途中解約が可能ですが、
レンタル料はかなり割高となります。
これに対し、リースは短期間において契約を結ぶことが可能であり、途中解約は行えません。
ですが、リース料はリーズナブルな料金となります。
リースとローンの違いを教えてください。
リースとローンには次のような違いがあります。
・所有権
リースの場合の所有権はリース会社になります。
ローンの場合の所有権はお客様になります。
・リース物件にはリース会社が動産総合保険を掛けますので、様々な損害を保証します。